きぬなう

日常の記録

安堵の地は冷蔵庫

ごった返す羽田空港に到着。

新春、という響きももはや感じられないくらいの人、人、人。

今回の旅、どこへ行っても人だらけ。目的の湯治も芋の子洗いさながら。日々お婆ちゃんとお子ちゃまたちとの洗い場争奪椅子取りゲーム。

今日から成人の日まで三連休だしそりゃ人も多いさ、ね。

東京、寒いなー。

何処にいても寒い、しか言ってない気がするけど、すごく寒いなー。

戻った我が家にてもう一度気持ちを新たにお正月の仕切り直しといきますか。

って、その我が家が冷え込みすぎ。

無人の家はこんなんか!

早速ですが、

 

 

家風呂で

        

         湯治帰りの

 

                  疲れとる

 

f:id:kinublog:20180106164600j:plain

本末転倒〜!

ふぅ。

 

海とおばさん

湯治の合間に、ちょっと遠出して海が見える場所へ。ちょっと葉山からオシャレ感を抜いて地方の田舎感を足したような雰囲気の場所、ってそれもはや葉山じゃないよね?

温泉と自家焙煎のコーヒースタンドが同居する施設が高台にあって、そのミスマッチ感半端ないデッキから眺める広い海が…しけてる!暗い!寒すぎる!


寒風に


      はじける波と


          コーヒーと


新春 à la 50 湯治旅ももう終盤なのに、わざわざ正月に南下したのに、ここは日本海かよ!ザッパーンって!

しかも冷たい小雨までぱらつく始末。

本のタイトルみたいな川柳だな。

とっととデッキを引き払い、温泉入りに来た近所のおじさんおばさんに混ざって、意外にもスペシャルティなコーヒーをすする。

ってよく考えたら自分もおばさん真っ只中だった。自覚なさすぎだ。

でもやっぱり温泉て、いい。

風呂に浸かるだけで心が緩む。

今年はもっといっぱい湯治行くぜ〜!

何気に新年の抱負その三。



なんちゃって湯治

わざわざ新春 à la 50 湯治旅、日本列島南下したにもかかわらず、さ、さ、寒い!

暖かかったのも昨日まで、冷たーい海風強いしまさか東京より寒いんじゃ?ってな感じ。

やれやれこの冬はどこも寒いのか。


勇気出ず


     内風呂より見る


          露天かな


ここのお風呂屋さんは、内風呂は温泉ではなく温泉掛け流しは露天風呂のみ。

どうしても寒風吹きすさぶ露天風呂まで裸で歩いて行く自信が無い。湯に浸かってしまえば平気なのは分かっているけど、ね。

à la 40だったらイケたかな。

あと逆に多分10年後でもイケそうだな。

でも今は無理〜〜。

ことごとく湯治の意味ないな、って話。

しかし寒いな。