きぬなう

日常の記録

まだ始発

ブログを始めてから2週間経つ。正直、もう一ヶ月以上書いているような気がするがまだ2週間だった。仕事でもなく、誰のためでもないようなことを自分の意思で毎日続けるというのも結構悪くない。

子供の成長を遠方の両親に見せるわけでもなく、毎日の手料理のレシピや写真を公開するわけでもない。子供はおらず、写真に関しては恐ろしく下手で、結局稚拙な文章とお粗末な絵がたまに貼り付けられた地味なブログになってしまっているのだが。

前に、単身赴任中のお父さんが毎朝自分のお弁当を作り、その写真をカメラで撮ってからPCでSNSにアップするのが日課、というのをテレビで見た。それだけでもすごいなと思ったが、その一連の作業を全て出勤前にやるというのでさらに驚いた。スマホで撮ってそのままアップではないのだ。何年も続けていると、1日でもお休みしたらその投稿を楽しみに見ている人がとんでもなく心配になると思う。今日は具合が悪いくてお弁当が作れなかったのだろうか?いや、そんな日は一年に何回かある、それでも投稿し続けていたのだから何かあったのではないか?心配のループが増大して、仕事中もSNSをチェックし続けるだろう。

その域まで行けたら本望だが、そのためには毎日書くだけではなく素敵な写真のような付加価値が必要なのではないか…と薄々感じている。

f:id:kinublog:20170801130647j:plain