きぬなう

日常の記録

ここ最近一番驚いたこととは

最近朝はもう少し寝ていたいくらいのちょうどいい気温になってきた。24時間クーラーつけっぱなしの期間が今年は本当に短かった。

もうじき3ヶ月目に入る自宅療養の前と後で革新的に変化したのは睡眠。
以前は6時間寝られた日は睡眠時間長く取れたなあーというレベル、大体がそれ未満で、たまに行く整体の先生から「とにかく睡眠をもう少しとって下さい」と毎回言われていた。
帰宅してから風呂に入るまでの不毛な時間、特に興味のない深夜番組を朦朧として見ているか、もしくはリビングで寝落ちしているかの2パターンのうちどちらかなのだが、その時間を削いで即風呂に入り寝支度を整えればもう少し長く寝られたはずなのだ。しかし一回座ってしまうと軟弱な意思よりも錘のように重い体が勝った。

でもでもその頃の私よりも寝てないサラリーマン達がこの世にごまんといるのだ。
アンビリーバボー。

今や6時に目覚め10時半から11時の間にはベッドに入る生活。7〜7時間半の睡眠を取れている計算、自分的には理想的でこれで調子が整う感すらある。

がしかし!一昨日驚愕の事実が。

どうやら9月3日は睡眠の日らしい。それに関連して目にしたのは、日本人の平均睡眠時間は7時間43分!(2014 経済協力開発機構 調べ)というデータ。誰がそんなに寝とんねん!とツッコんだその先にさらなる驚きが待っていた。

その7時間43分、世界で2番目に短いらしい。
冗談でしょ⁈と思わず口に出してしまった。日本人は寝ないで何をやっとる?そして私の現状もまだまだだってことだ。


 à la 50 ショッーク。

 

そういえば、その整体の先生が私に睡眠を取れと言った後に「私は昨夜は一度も目覚めずに10時間寝ましたよ〜〜」と毎回必ず自慢してたことを思い出した。

日本人の睡眠時間の平均値を上げているサイドの人だ。
なんとしてでも早くそっち側に行かなければ!

f:id:kinublog:20170905155732j:plain