きぬなう

日常の記録

如何なものか

図書館へ。当分降り続きそうなので長靴を履いて出る。靴が濡れる心配をしなくていいのってこんなに気が楽なんだ、と思うともう少し遠くまで歩いてもいいと思える。

しかし遠くまでは行かず、図書館で借りていた本を返却し、読まれ待ちブックスが家に山積みとなっているにもかかわらず本を物色。

実は最近マンガを主に借りている。PCと書籍による目の疲れと脳の凝りがマンガに逃げ場を求めている。

幼少期からマンガ好き。「なかよし」から「コロコロコミック」まで。「まことちゃん」は隠れて読んでた。親は絶対に買ってくれなかったので、少ないお小遣いを貯めて買うか友達から借りるか。


帰り道


     夢中で読んだ


          キャンディ・キャンディ  


帰り着くまで待てなくて、校門出た途端に読みながらテクテク帰ってた小学生一年生の頃。あぶねーなー。

キャンディ・キャンディ、à la 50 レディはもれなく好きだったはず。今再び読んでみたいわ、あゝ丘の上の王子様。


って、マンガより川柳から抜けられない〜〜!どうしてー(泣)