きぬなう

日常の記録

控えが過多すぎ

気温30℃を超えてもこれは申し分なく秋晴れだ。外出もあからさまに夏っぽい格好だとちょっとチグハグ感を抱いてしまう。

そんな時ここら辺で一度衣替えを、ということに大体なる。今年こそは断捨離を兼ねていらない服を捨てるぞ‼︎と鼻息荒くいざ始める。

1枚1枚丁寧にジャッジしていくのだが、ほとんど着ていない10年以上前に買ったTシャツ、完全に減価償却過ぎだがお気に入りのTシャツ、新品のライブTシャツ…ってTシャツばっかりやないか!

この歳で夏服のトップス80%位をTシャツが占めているなんて。それなのにTシャツというアイテムをもうここ何年か殆ど着ていない。理由は明確、 この à la 50 ボディにTシャツが馴染まないからだ。鏡を見てなんだか違和感が否めないので着ては脱ぐ。

Tシャツをカッコよく着られるのはRIKACOだけ!

それなのにこんなTシャツの量ありえない、でもボロ雑巾みたいなやつじゃないと捨てられない、では部屋着か寝巻きに…。ということで衣替えは終了、結局毎回断捨離枠の捨てる服は1〜2枚という着地。

で、実際部屋着と寝巻きは、というと決まったスタメンローテーが既にある。二軍三軍のTシャツメンバーがそこに入るのは一体いつ?

巨人軍並みに、いやそれ以上に見通しは暗い。

f:id:kinublog:20170919182438j:plain