きぬなう

日常の記録

サンフランシスコの幻

羽毛布団予報などをしてるのがアホらしい暑さだ。ただでさえうつろいやすい à la 50の自律神経系に直射日光パンチが飛んでくる。

こんな日に限って所用にて外出。

そう言えば外出先の近くにお使いを頼まれていたのを思い出した。

少し前に友達から近くに行ったらここのお菓子を買ってきて、とお店のHPのリンクが送られてきた。

それを見るに、サンフランシスコ系の素敵なモーニングが食べられそうなカフェで、美味しいコーヒーと健康を意識した焼き菓子の画像が並んでいた。

所用を済ませ、日陰のない歩道を日差しを全身に浴びながらマップを頼りにお店を目指す。こんな場所にこんな店が?最近の若者系個人経営的喫茶あるあるだ。

結論から言うと、HPと実店舗のギャップが凄過ぎて一度通り過ぎてしまった。お使いでなければ入らずに帰るところだが、ドアを開け中を見渡す。着席していたお姉さん2人はスタッフであった。店を間違ったか?いやいや。とりあえず並んでいる商品数点を買い、2分で退店。

インターネットはやっぱり怖い。いや、制作サイドからすれば実店舗とHPの間にはなんのギャップも無いのかもしれない。意識は変わらないだろうから。もちろんギャップなくイメージ通りのお店も沢山あるけれども。

こちらの過度な期待が落胆を産むのか。

今更ながら侮るなかれ、身近に広がる仮想空間。

その昔、新しいお店はHanakoでチェック!のà la 50雑誌世代には、まだちと訝しい。

f:id:kinublog:20170921180343j:plain