きぬなう

日常の記録

波にのまれる

なんだか暑いなー。もう使わないかも、と思っていたエアコンを、今日は思わずピッとONに。

「秋から始めるà la 50 散歩ウォーキング」のためのシューズ探しにネットサーフィン。これが欲しい!という具体的な物も、シューズ全般に関する知識も何もないところからのサーフィンはヤバい。

かなりの時間と神経を使い、モンスターと戦いつつ、ようやく開けた宝箱はカラ、出口がない、帰る方法分からない、みたいなドラクエダンジョンのドツボ状態に似ている。違うのはレベルが上がらないこと。そしてこういう時は総じて収穫が無い。

そんな折、たまたま新聞でこんな様な内容のコラムを目にした。

ネットショッピングは情報が多すぎるので、どうしても消去法で選ぶ作業になる。最終的に残った商品は本当に心から欲しいものなのか?実用面で満足できても、自分の欲求は置き去りで、能動的に買う喜びに欠ける。ある意味不幸ではないか、と。

わかる〜〜!!ズバっと刺さりました。

やはりまず実物ありきで、それを見て、手に取り、これ欲しい‼︎と思う。そしてお店の人とコミュニケーションがあって、お金を払い品物を受け取る。

これが買い物。

同じ物でもネットショッピングと絶対価値変わると思うんだけど。

 

え?考え方、古いって?

f:id:kinublog:20170926185917j:plain