きぬなう

日常の記録

不毛系あるある

足が冷えて目覚める秋の朝、床に落ちた羽毛布団を拾い起き上がる。

10月になり、店頭には栗に変わって林檎や柿がチラホラ並びだした。秋もどんどん深まっていくなあ。

 「秋から始める à la 50 散歩ウォーキング」のシューズ選びに難航した結果、

kinu.okiami.com

 よく考えたら過去にネットでスニーカーを買って失敗して人にあげたことを思い出し、ネットの闇より這い出して、シューズ探しのためのウォーキングに。

しかしなかなかコレというものがないんだなぁ〜〜、ウォークシューズって総じて年配向けデザインで、ちょっとランニングよりになると急に派手めなアスリート系になる。その配色、RICACO以外のà la 50 庶民には無理だから!

普通はないんですかい?

普通、って難しいよな…。

で、結果食料品の買い物袋を両手に、靴屋の袋はなく帰宅。

は〜〜疲れた!

「晩秋から始める à la 50 ウォーキング」に、いやもしかしたら 「初冬から始める à la 50 散歩」になってしまう前に、急がなければ。今度は他のお店に行ってみようっと。