きぬなう

日常の記録

クリスマスと現金

週末の買い出しに…。

あれ?祝日だし、連休だし、学生も休みに入ったし、明日からクリスマスなのに、ってそれは関係ないか。

人がいない。

みんなどこに行ったんだろう。

ディズニーランドでクリスマス?それともデパートでクリスマスプレゼントのショッピング?昼間からイルミネーション?

…ふぅん。

混んでるのはケーキ屋さんくらいか〜〜。

まあ日常の買い物は快適に済んだが。


玄関に

      

       現金準備


              早3日              


数日前に届くはずの宅配便が行方知れず。先日の郵便局のあの感じを思い浮かべたら、まあしょうがないなとも思うのだが。

今日一日、何度問い合わせてもラチがあかない。今一番忙しい時期だろうが、こんな感じで荷物は全てさばけているのか?とこちらが不安になるくらいのスローな対応と呑気な態度。

何日も前からおつりナシで揃えた代引き用の現金が玄関に放置されていて、外から帰ってくるたびに、それが目に入るのがなんとも切ない。

クリスマスソング流れる商店街から帰ってきて、その光景を見たら、『クリスマスキャロル』をふと思い出した。

ケーキとプレゼント、楽しいお祭りのような日本のクリスマスしか知らない子供心にズンときたお話。

スピリチュアルでリアル、ちょっとゾワっと怖いのに、なぜか何度も繰り返し読んだな。

久しぶりに読みたくなってきた。

明日絶対に空いてる図書館に読みに行こうかなー。