きぬなう

日常の記録

歳、寄る

年明けて2週間。

本日新年会なるものに参加した。

こんな行事に参加するのはもしや初めてかもしれない。

本当に親しい人たちと鍋を囲む。

それだけの食事会だったが。


雰囲気も


       酒も人肌


               沁みわたる


気持ちいい人達が集まり生まれるいい空気の中で、久しぶりに飲んだ温燗の美味しいことといったら!

どちらも沁み渡りすぎて、 à la 50 ハートゆるゆる。

元々単細胞な人間だけど、年取ると更に簡単に。

すぐ感動、すぐ泣く。

歳とったらそうなるぜ〜〜とよく言われたけど、ホントだった。

なんか、歳が足音を潜めて、少しずつ近寄ってきているのを感じた。

ひたひた…。

ホラーだと思ってたけど、そこそこ悪くないかも、って話。