きぬなう

日常の記録

戌年だけど

うちのベランダから見下ろす住宅街の、ある御宅の出窓の窓ガラスとカーテンの間に、ほぼ毎日ネコが寛いでいる。

寝てる時もあれば、道行く人を眺めている(ような気がする)時もある。1匹の時もあれば、2匹の時もある。白黒だけの時もあれば茶トラの時もある。一日中入れ替わり立ち代り、その狭いスペースはどうやらネコにとって相当いいらしい。

 

夕方洗濯物を取り込んでいたら、2匹の白黒のうち1匹と目があった(ような気がする)。そうしてしばらくしたらもう1匹の白黒もこっちを見た。

 

喋ってる!

 

     会話したよね⁉︎

 

           ネコ同士

 

確信したわ。

あそこのベランダからおばさんがこっち見てるよ、とか言ってる絶対。

f:id:kinublog:20180116191114j:plain

そして今だにその御宅にいるネコの種類と総数がよく分からない。

ちなみに、覗きではない。