きぬなう

日常の記録

無心の境地

マイナス4℃の感覚、よく分からない。

もはや最近、寒さに関して麻痺してきてる気がする。昨日より寒い、のが毎日続く、みたいな。寒さの底はどこだ?

そんな中、大好物のお土産が届いた。

暖かい部屋で真剣勝負。


剥けてない


       天津甘栗

  

                剥き苦戦


昔よく街角屋台で売っていた天津甘栗。

あの香ばしく甘い香り、大好きで高いんだけどよく買ってた。

剥いた甘栗のパックが売られるようになって、屋台もいつのまにかだんだん姿を消して行ったようで全然見なくなった気がする。

そんなワケで、何年振りだろう、普通の天津甘栗の殻を割って食べるのは…。

美味しい、けど…面倒くさい!

なかなかキレイに剥けない〜〜。

キーーっ!

猿のように剥いては食べ、剥いては食べ、を無言で延々と。

心は無。


天津甘栗、ある意味マインドフルネス。