きぬなう

日常の記録

当たり前じゃなかったこと

寒いなー。

髪が短いので首元がスースーするわー、真冬のコートと手袋を引っ張り出す。

カイロももちろんフル装備で貼りまくり、さらに買い足しに走る。

油断すると風邪、気温が上がると花粉症。

忙しいな!


ポケットに


      ティッシュのご用意


               ひっすかな


花粉症ピークの時期は、たまーにボックスを抱えている方がいますが、とりあえずポケットタイプの携帯は必須でしょう。

昔は、都心の駅前歩けば、ポケットティッシュを山ほど配られたものだけど、最近ほとんど見なくなった気がする。

景気のせい?

そのせいかどうかわからないけど、ポケットティッシュを買うという行為が、なんだかすごく悔しいというか、損した気分になる。

そしてすごく高く感じる不思議。

ボックスティッシュに関しては何も感じないのに。

これはポケットティッシュ=いつも駅前に行けばただでもらえるもの、という思いを捨てられない à la 50世代だけだろうか?