きぬなう

日常の記録

街角にて目からウロコ

洗浄機

 

恐る恐るの

 

初体験

 

 

 à la 50 都会の住処に戻り、未だビミョーにハイジ感覚が戻らないことをいいことに、

素直に、と言えば聞こえはいいが、気持ちのの赴くまま子供心?むき出しでやってます。

 

今まで横目で見ながら、あんなとこであんなことやる人の気が知れないわ…と思っていたこと。

気がついたら無意識にやっている自分が!

我ながらドン引き〜〜。

が、しかし!こんなに綺麗になるのかいッ!という驚き隠せず。

 

なんの話か、というと

なんちゃらメガネの店先に必ず置いてあるメガネ洗浄機。

そう、あの店の外の誰でも使っていいヤツ。

今までなんか衛生的にも、見た目的にも絶対ありえへん行為の1つであったが。


アラヤだ〜〜っ。

安物の眼鏡がピッカピカよー!