きぬなう

日常の記録

ちょっとスリップ?

空白の


時間泥棒


一時間



昨日メロンパンを買いに行く朝、時空の歪みに陥った。
パンの焼き上がりに合わせて逆算して家を出る予定だった。まだまだ時間があるので余裕ぶっこいてキッチンでシンク磨きに精を出していた。
ふと時計を見ると…

あと10分しかないじゃん‼︎

まだ着替えてもいなかったし、顔もすっぴん。慌てて身支度整えてフルスロットル。
こういう時はなぜかすごく早く動けるもうひとりの自分がいる。
慌てて家を出る。
マンガだったら、遅刻しちゃう〜〜!と、トーストを口にくわえたまま、なおかつジャケットに袖を通しながら家を出る、あんな感じ。
結構出るまでに時間があると思ってたのに、何やってたんだろ…。と腕時計を見る。

ん??

予定の出発時間より約1時間近く早い。

…?

家の時計が狂ってた…⁈

スマートフォンも腕時計も同じで、やはり思ってた時間よりも1時間近く早い時間を表示していた。
家の時計は出がけに何度も確認したので、見間違えてるという可能性はかなり低い。

間違いない、狂ったらしい。
遅れてるならまだしも、早いって何?

どおりでね、おかしいハズだよね。
って気がつくの遅過ぎない⁈って話。

帰宅後確認したら、キッカリ40分早かった家の時計。

ブラックアウトじゃなくてホッとした。